日本人にも合う「サウジアラビア料理」

日本人にも合う「サウジアラビア料理」

サウジアラビアの料理ってどんなものがあると思いますか?

日本人に口に合わないものが多いと思われそうですが、実は違います。
基本的には、たくさん盛ったライスの上から魚や肉の焼いたりあるいは煮たりしたものをのせるようで、結構単純なものが多いようです。

チキンカプサという料理があります。

これは、サウジの中ですべての町の食堂で見られる料理です。

ブロイラーの若鶏の半分の体を、炭火の下で徹底的に焼いた(※ロースト)ものです。
ほとんどの調味料は塩類だけであると考えられますが、これは非常においしいです。
それが長い間焼いているので、ほとんど脂肪はありません。

ヤギのカプサという料理もあります。

これは、サウジの南西の終了のイエメンとの国境の近くのレストランで注文出来るヤギのカプサです。
米と一緒にヤギの肉および内臓を料理したものです。
これはカプサの元祖になるでしょう。

食べる時、ヤギの肉に匂いの印象が非常にありましたが、特有のクセはありません。
また、それはとにかく美味です。
さらに、肉はとても柔らかく、良く煮込まれた豚の角煮に似た食感も感じられるため、日本人の口にも絶対に合う料理と思います。

このように、観光先でもグルメも楽しめるのが、サウジアラビアの良さの1つと言えます。

サウジアラビアのショッピングモールの概要サウジアラビアの一番の見所「メッカ」